家づくりコラムColumn

ハートランドとは2017.03.16

土地に関しても「お役立ち精神」で|感動の家づくりへ~名古屋・愛知の新築・注文住宅ハートランド~

    家づくりを土地探しから考えているお客さまもいらっしゃると思います。でも法律なども関係する土地に関しては、専門的な知識がないと難しいことも多いですよね。

     

    ハートランドの代表取締役社長である加藤は、不動産を扱う富士開発株式会社も経営しています。

     

    ある時、市内の大きな道路沿いの土地4区画が売りに出されました。そこを富士開発で分譲し、購入したお客さまが建物を建てることになった時に、市がこの道路を拡張するという話が出てきました。4区画分の分譲地の道路側の土地の一部を、これから市が購入するというのです。

     

    お客さまにとっては、まさに家を建てる最中にややこしい話が出てきたケースです。

    すると社長の加藤が言いました。

     

    「お客さまが土地について市役所と交渉をするのは、大変なこと。値段や契約のことと、その手続きも専門的すぎてご苦労される。それでは申し訳ないので、道路拡張予定部分の土地はお客さまには売らず、富士開発の所有として、市役所との窓口はすべて我が社で責任を持って行う。道路拡張予定部分の土地は、そのままお客さまに使用していただけばいい」

     

    そうすればお客さまは、煩雑な手続きの手間が省けます。そんなわけで、今もこの土地に関して市役所と富士開発との間でやりとりが続いています。

     

    何代にもわたり、その土地に住むことになるかもしれないお客さま。ややこしい話は、不動産会社が丸ごと引き受けた方が安心していただけるはず。損得勘定は抜きで、「お客さまへのお役立ち精神」の信条により判断した一例です。

     

     

     

    土地にも精通した社長の加藤。私たちハートランドは、土地探しのパートナーとしても、皆さまのお役に立てる自信があります。


家づくりコラム一覧に戻る
来店予約 資料請求
ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

2,000

今すぐ
予約する
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます