家づくりコラムColumn

Q&A2017.05.04

子ども部屋に関する、お客さまからのギモンは…|~名古屋・愛知の新築・注文住宅ハートランド~

    5月5日は子どもの日ですね。

    子ども部屋に関してお客さまから受けるご質問は、「どれくらいの広さがいい?」「子どもは実際に自室で勉強をするの?」2つが多いと感じます。

     

     

    1つ目のご質問は、お子さんの人数や、きょうだいの性別によっても違うと思います。私たちとしては、「なるべく大きい部屋にしておいて、将来仕切ることができるようにする」という方法をおすすめしています。

     

    具体的には5.4帖×2などで、10帖以上のお部屋にするケースが大半です。広い部屋は掃除や収納がしやすいので、片付けが得意な子に育つメリットもあります。間仕切りには、キャスター付きのクローゼットなど可動式の家具を使えば、部屋も片付いて一石二鳥。さらに将来の家族構成の変化に応じて、再び広いワンルームとして利用することも可能です。後々、子ども達がケンカをしなくて済むように、2つの部屋の広さは同じにしましょう。

     

     

    また、2つ目のご質問について。ズバリ、小学校の中学年から高学年になるまでは、自室では勉強しないことが考えられます。低学年の頃は「リビング学習」が多く、部屋は寝るだけの場所になりがち。さらに低学年は「1人では眠れない」自室で寝ないことも多いので、しばらく利用されない部屋となる場合も。それなら広い部屋をつくり、きょうだいで仲良く遊んでいた方が、よほど有効に使えますね。

     

     

    小学生くらいのお子さんがいるご家庭なら、本人の意見も尊重して子ども部屋づくりを。壁の1面に好みのクロスを選ぶだけでも、「自分の部屋」という意識がグッと高まりますよ。


家づくりコラム一覧に戻る
来店予約 資料請求
ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

2,000

今すぐ
予約する
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます