家づくりコラムColumn

家づくりのこだわり2017.09.05

家づくりから考えたい防災のこと|~名古屋・愛知の新築・注文住宅ハートランド~

    こんにちは、ブログ担当のフックンです。

    9月1日は防災の日でした。今月は、家族で改めて防災意識を高めるといいですね。

    防災用品の点検や、自治体が作成するハザードマップの見直し、避難時の待ち合わせ場所の確認も有効です。

     

    玄関に玄関クロークなどがあれば、防災用品が収納しやすく、いざという時もすぐに持ち出すことができます。

    戸建てであれば、庭や物置などに収納するのもいいでしょう。

    そのほか、寝室にも携帯用シューズなどを置き、収納場所を分散できるとベストです。

     

    ユニバーサルホームが採用しているALC外壁材は、耐震性耐火性に優れた外壁材です。

    以前のブログでもお伝えしたように、ALCとは軽量気泡コンクリートのことで、37mmの厚さの中に細かい気泡が均一に入っているもの。

    気泡に包まれた空気が層を作るため、断熱性を高めるだけでなく、火や熱を遮断する効果があります。

    さらに、一般のコンクリートの約1/4という軽さによって、地震の振動による負担も軽減します。

     

     

    また、ユニバーサルホームの「地熱床システム」の「基礎」は、床下浸水がありえない基礎です。

    その理由は、地面と床下の間に砂利と土を敷き詰めて密閉し、その上をフラットジグとコンクリートで仕上げる特許工法なので、浸水する床下部分がないのです!

    こちらも以前のブログ(http://ameblo.jp/heartland132/entry-12289488395.html)でお伝えしましたね。

     

     

    家づくりの段階から、防災について考えてみませんか。

     


家づくりコラム一覧に戻る
来店予約 資料請求
ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

2,000

今すぐ
予約する
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます