家づくりコラムColumn

住まいのノウハウ2018.03.20

フックンが勉強してきました③「光熱費のイメージと実態の違い」|~名古屋・愛知の新築・注文住宅ハートランド~

    こんにちは、ブログ担当のフックンです。
    前回に引き続き、勉強会で学んだことをお伝えしたいと思います。

    皆さんは、住まいで最も光熱費を使うものはなんだと思いますか?
    「暮らし創造研究会」による調査では、先輩家族1000人に聞いた「年間最も光熱費を使っていると思う用途」が、暖房51%冷房27%給湯12%照明・家電等10%という結果でした。

    でも、実際の「住宅のエネルギーの使用量内訳(1世帯あたり)」は、照明・家電等が41%給湯が35%暖房が22%冷房は2%とのこと!

    多くの人が暖房や冷房に光熱費がかかっていると思っているようですが、実は照明・家電の割合が最も高いのです。光熱費を下げたいのであれば、家電や給湯器の見直しも忘れずにいたいところ。

    そこで、ユニバーサルホームではオール電化を推奨しています!
    冬の時期は、「地熱床暖房が気になるけれど、光熱費が高くなるのでは?」というご質問をよく耳にします。でも、地熱床暖房は蓄熱式なのでご安心を。

    オール電化の深夜電力で安くなる時間帯に、地熱床暖房のスイッチをオンにしていただき、その後タイマーでオフに。すると6時間蓄熱し、その熱を4〜5時間放熱するので、お得に暖かい状態をキープします。起きた時も自然な暖かさが感じられ、寒い時期でも1日が気持ち良く始められますよ。

    ユニバーサルホームの1階全室無垢フロア地熱床暖房。ぜひ、モデルハウスで体感してみてください!

    ※暮らし創造研究会発行「心地よい住まいの暖房計画」P9から引用


家づくりコラム一覧に戻る

    お問い合わせ

    お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

    来店予約 資料請求 無料住宅ローン相談

ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

2,000

今すぐ
予約する
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます