家づくりコラムColumn

住まいのノウハウ2018.05.10

母の日を前に、「名前のない家事」について考える|~名古屋・愛知の新築・注文住宅ハートランド~

    こんにちは、ブログ担当のフックンです。

    今週の日曜日は「母の日」ですね。

    自分も親となり、母には一層感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    今、家の中で「母」と言えば、毎日家事育児を担ってくれている奥さんですよね。

    母の日を前に、先月も話題(http://www.kando-heart.com/column/11719/)にした「名前のない家事」について、改めて考えてみたいと思います。

     

    「名前のない家事」とは、以前、NHKでも特集が組まれて反響があった言葉です。

    「家事」と聞くと、掃除や洗濯、料理といった、名前がある代表的なものが思い浮かぶと思います。でもそれ以外に、「洗剤やトイレットペーパーを補充する」「裏返しになった洗濯物を元に戻す」など、家の中には細かい仕事が山積みです。

     

    特に、共働き家族の毎日は大忙しです。

    夫婦で家事の分担をしているつもりでも、「タオルを取り替える」「買ってきたものを片付ける」「たまったゴミを集めて捨てる」「子どもが散らかした服やおもちゃを片付ける」…など、奥さんがしてくれている細かな家事は数え切れないほど

    その負担を少しでも軽くするには、家事の現状について、家族で会話をすることではないでしょうか。

     

    例えば、収納場所がはっきりわかっていればご主人はもちろん、お子さんでも片付けやお手伝いがしやすくなります。ゴミ袋やタオルの置き場所がわかれば、大きなお子さんなら、気づいた時に取り替えてくれるかもしれませんね。

    母の日を前に、「家族でモノの場所をシェアする」ための会話をしてみるのはいかがでしょうか。一つでもいい習慣ができれば、きっと奥さんの笑顔が増えますよ


家づくりコラム一覧に戻る

    お問い合わせ

    お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

    来店予約 資料請求 無料住宅ローン相談

ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

2,000

今すぐ
予約する
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます