家づくりコラムColumn

家づくりのこだわり2017.01.10

地熱床システムその1 進化した「基礎」|感動の家づくりへ~愛知県豊田市のハートランド~

    ユニバーサルホームでご契約いただく方の決め手の一つは、なんといっても「地熱床システム」です。今回から2回にわたり、その魅力をご説明しますね。

     

     

    建物と地面の間で、建物を支える部分を「基礎」と呼びますが、この「基礎」は住宅の足元を支える大切な役割を果たします。基礎が弱いと、例え強固な注文住宅でも、上部構造荷重に耐えきれず、家が傾いたり崩壊してしまう恐れがあります。当然、様々な自然災害でも打撃を受けやすくなってしまいます。

     

    従来の「基礎」といえば、大きく分けて「布基礎」と「ベタ基礎」の2種類でした。この2つは床下が空いているため、湿気対策や換気が欠かせません。

     

    一方の「地熱床システム」は、進化した基礎」。地面と床下の間に砂利と土を敷き詰めて密閉し、その上をフラットジグ(鉄骨)とコンクリートで仕上げる特許工法です。

     

    砂利層は外部からの圧力や振動、騒音などを吸収・分散するクッションのような役目を果たします。地盤への負担の軽減、地震振動の吸収、床下浸水の防止など、様々な点において、安全性と耐久性に優れた基礎」だといえます。

     

    東日本大震災では、仙台周辺にほぼ無傷で残ったユニバーサルホームの建物があり、マスコミからも注目されました。

     

    そして「地熱床システム」には、太陽光や風力と並ぶクリーンな自然エネルギー、地熱を利用しています。夏はひんやり冷たく、冬はほんのり暖かい。地中の温度が一定であることに着眼し、外気の温度に左右されない床下を実現した、日本の暮らしにとても有効な「基礎工法なのです。

     


家づくりコラム一覧に戻る
無垢床に床暖房を付ける

    無垢の床に床暖房を付けたい人は他にいませんか?

    計10,000棟以上の家が採用した地熱を利用する新しい特許工法で無垢床に床暖房が付きます グッドデザイン キッズデザイン

    お問い合わせ

    お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

    来店予約 資料請求 無料住宅ローン相談

ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

2,000

今すぐ
予約する
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます