家づくりコラムColumn

家づくりのこだわり2018.06.12

床下浸水が「ありえない」基礎!

    こんにちは、ブログ担当のフックンです。

    ゲリラ豪雨や集中豪雨と呼ばれる、予測できない大雨が心配な時期がやってきます。

    局地的な大雨が降った時、床下浸水が心配だという人も多いのではないでしょうか。

    例え水災を補償するプランの火災保険に入っていても、支払い要件は一般的に「床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水による損害」が対象。

    床下浸水は対象外ということをご存知でしょうか?

    だから床下浸水してしまうと、必要な消毒なども実費となり、とても大変です。

     

    そんな時、ユニバーサルホームの「地熱床システム」の「基礎」が頼もしい存在なのです。

    建物と地面の間で建物を支える部分を「基礎」と呼びます。従来の「基礎」は床下が空いている「布基礎」と「ベタ基礎」。一方「地熱床システム」は進化した「基礎」。地面と床下の間に砂利と土を敷き詰めて密閉し、その上をフラットジグ(鉄骨)とコンクリートで仕上げる工法だからです。

    つまり、完全密封構造の「地熱床システム」は、浸水する床下部分がないため、床下浸水がありえない基礎なのです!

    地熱床システム」の基礎は、日常も大活躍。床全体に地中温度が直接伝わるので、適度な温度や湿度を保ちます。また、外部からの湿気を遮断することができるので、シロアリや腐朽菌が発生することもなく、湿気の被害を受けにくくし、家の長寿化に貢献します。

    ユニバーサルホームの家は、優れた耐久性も大きな特徴です。

    LINEで送る

家づくりコラム一覧に戻る

ブログ一覧

2020
  • 10月

    (3)

  • 9月

    (4)

  • 8月

    (4)

  • 7月

    (5)

  • 6月

    (4)

  • 5月

    (5)

  • 4月

    (4)

  • 3月

    (4)

  • 2月

    (4)

  • 1月

    (5)

  • 2019
  • 12月

    (4)

  • 11月

    (5)

  • 10月

    (4)

  • 9月

    (4)

  • 8月

    (5)

  • 7月

    (4)

  • 6月

    (4)

  • 5月

    (5)

  • 4月

    (4)

  • 3月

    (5)

  • 2月

    (6)

  • 1月

    (8)

  • 2018
  • 12月

    (8)

  • 11月

    (8)

  • 10月

    (8)

  • 9月

    (8)

  • 8月

    (8)

  • 7月

    (8)

  • 6月

    (8)

  • 5月

    (8)

  • 4月

    (8)

  • 3月

    (8)

  • 2月

    (8)

  • 1月

    (8)

  • 2017
  • 12月

    (8)

  • 11月

    (8)

  • 10月

    (8)

  • 9月

    (8)

  • 8月

    (8)

  • 7月

    (8)

  • 6月

    (8)

  • 5月

    (9)

  • 4月

    (7)

  • 3月

    (8)

  • 2月

    (8)

  • 1月

    (8)

  • 無垢床に床暖房を付ける

      無垢の床に床暖房を付けたい人は他にいませんか?

      計10,000棟以上の家が採用した地熱を利用する新しい工法で無垢床に床暖房が付きます グッドデザイン キッズデザイン

      お問い合わせ

      お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

      来店予約 資料請求 無料住宅ローン相談

    ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

    2,000

    今すぐ
    予約する
    SSL GMOグローバルサインのサイトシール このサイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しています。
    SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
    掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます