家づくりの基礎知識Knowhow

家づくりの費用住宅ローン減税と住まい給付金をご存知ですか?

2014年4月からの消費税増税が決定 住宅取得の負担増を抑えられる「住宅ローン減税」と「すまい給付金」を ご存知ですか? 5%時に比べて負担減も可能…!? 2014年4月からの消費税増税が正式に決定しました。住宅を取得するためのお金の負担を抑えるため、負担軽減策を知っておきましょう。5%時に比べて、ケースによっては負担減になることもあります。
  • 100万円単位の負担増になる増税

    100万円単位の負担増になる増税 現行5%の消費税率が2014年4月1日から8%に引き上げられることが、正式に発表されました。さらに、2015年10月1日には10%への引き上げも予定されています。建物価格が2000万円の場合、消費税率8%だと5%時に比べて60万円の負担増、10%だと100万円の負担増となります。
  • 国による軽減負担措置

    国による軽減負担措置 消費税率引上げに伴う税負担の増加による影響を緩和するために国による軽減負担措置が取られます。住宅ローン減税が2014年年4月1日から拡充され、適用期限が2017年末まで延長されます。現在は、10年間の控除額合計は最大で200万円ですが、400万円(長期優良住宅、低炭素住宅の場合は最大で500万円)になります。
    また新しく、すまい給付金という制度が導入されることになっています。すまい給付金は、消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円給付することとしています。
  • いったいどれくらい軽減されるの?

    みずほ総研のによる大まかな試算は図のとおりです。年収が400万円、800~1000万円の場合は、5%時に比べて負担が低くなっています。
    但し、

    年収や家族構成によって負担額が変わる 建物や土地によっても負担額が変わる

    ので注意が必要です。
    つまり、(1)、(2)のような内容をふまえて考えておかないと、負担額が大きくかわってきて、購入後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになりかねません。 増税後の負担額
  • 自分の場合、どうなるか気になる方はハートランドへGO!!スタッフが分かりやすくお教えします!

    家づくりの費用メニュー

    1

    住宅ローン減税と住まい給付金をご存知ですか?

    2

    住まい給付金制度

    3

    金利の上昇

    分からないことは私達がお手伝いしますので、お気軽にご相談ください。

    お問い合わせ
    無垢床に床暖房を付ける

      無垢の床に床暖房を付けたい人は他にいませんか?

      計10,000棟以上の家が採用した地熱を利用する新しい特許工法で無垢床に床暖房が付きます グッドデザイン キッズデザイン

      お問い合わせ

      お問い合わせしたからといって営業マンが強引な営業をするなど、あなたの迷惑になるような営業活動は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。インターネットからの問い合わせは24時間受け付けています。

      来店予約 資料請求 無料住宅ローン相談

    ネット予約来場でクオカードプレゼント クオカード

    2,000

    今すぐ
    予約する
    SSL GMOグローバルサインのサイトシール このサイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しています。
    SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
    掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます